よるべ会のブログです

「地域生活支援課」の活動より

こんにちは 「地域生活支援課」です。
地域生活支援課での「レクリエーション」は、各利用者さんが外出を企画し、参加者を募って一緒に楽しむ仕組みです。
今年度も、コンサート、遊園地、映画、お祭り、プロレス、野球、買い物など、各々の趣味に合わせた外出を計画してくれています。
今回紹介させて頂くのは「かめりあホーム」の利用者さんの企画「八景島シーパラダイスに行こう」です。
70歳を超える高齢の方ですが、水族館に行きたいという希望を叶えるべく、秋の日に実行されました。
本人はとても楽しみ、皆で撮った写真をスクラップブックに切り貼りするなど良い思い出作りになったようです。
また、一緒に参加した方々もそれぞれ楽しむことができ、有意義な外出となりました。
これからもどんどんこのようなレクリエーションを、利用者さん主体で行なっていけるよう支援をしていきたいと思います。(小島)

2019年01月22日

「よるべ沼代」の活動より

 

 

こんにちは 「よるべ沼代」です。

平成30年11月17日(土)、毎年恒例のオータムガーデンを開催しました! 
今年度は数名の職員が仮装を行いながら、ビンゴ大会を実施しました。
おもしろ、おかしな恰好で登場した職員をみた利用者さん達から歓声があがっています。
場も温まったところで軽快な音楽をかけながら、ビンゴ大会スタートです。
チャンスタイム中にビンゴになると景品が2倍貰えるということで、いつ当たるのか皆さんドキドキです。
チャンスタイムを逃したことを悔しがる利用者さんの姿も見受けられました。
ビンゴになった際は嬉しそうにされながら商品を受け取られていました。
皆さんの笑顔が多く見受けられた楽しい時間になりました。(小室)

 

2019年01月22日

「コスタ二宮」の活動より

こんにちは 「コスタ二宮」です。

●施設外支援
かねてより体験実習の場としてお世話になっている柳川乳業様で、平成30年度の春から三名の利用者が週4日間・1日3時間働きに行かせていただいています。ベルトコンベアーにケースを流す作業や清掃作業をしています。時には自身で状況判断をして、大きさの違うケースを入れ込む作業など、少し難しい場面も意欲的に取り組んでいます。行かれている利用者さんは、活き活きとした表情で通われています。

●よるべふれあい祭り
平成30年10月21日(日)、一昨年は台風により開催できませんでした「よるべふれあい祭り」が雲一つない良いお天気に恵まれ大盛況の内に開催されました。晴天の下、「二宮高校吹奏楽部」の皆さんがステージに立ち、クイズやダンスを踊りながら、地域の方々にも親しみやすく楽しい演奏をしてくださいました。
またグローバルダンベル協会様、乱気流様、スプラッシュモンキーズ様にも素晴らしい演舞を披露していただきました。本当にありがとうございました。

●秋の旅行
今年度は利用者さんの希望により、2チームに分かれての旅行となりました。前半組は9月7日に長野へ、後半組は9月21日に山梨へ行きました。長野では松本城など、山梨ではワイナリー見学など、皆さん楽しまれました。(熊澤)

2019年01月22日

「わらべの杜」の活動より

 

▲マジシャンズ ムツアイからいらしたTOSHIさんによる「マジックショー」

 

こんにちは 「わらべの杜」です。

昨年の8月25日に
マジシャンズ ムツアイさん(新年会でもお世話になりました)による
マジックショーが行われました。
4~5種類のマジックを披露して頂きましたが
近くで見てもタネが分からず、驚きの連続でした。
最後には子どもたちでも出来るようにタネを教えて頂いたので
各々実践しマジシャン気分を味わうことが出来ました。

また今年度よりバス旅行をユニット毎で行くことになり
第1弾としてのぞみユニットが10月22日に伊豆シャボテン公園へ行きました。
サボテンはもちろん、サルのショーやカピバラが露天風呂に入っているところなどが見られ
子どもたちも職員も癒されました。
のんびりとした旅行だったため、よい気分転換となりました。(岩崎)

2019年01月21日

「ぽけっと」の活動より

こんにちは 「相談支援センターぽけっと」です。

 

▲「SNS勉強会」より

昨年の10月20日(土)に「SNS勉強会」を開催しました。
「ぽけっと」登録者を対象に、外部講師をお招きして
実例などを上げながらの講義と質疑応答となりました。
「(便利だけど)危険があることを意識して利用する」
「個人情報に気をつける」
「知らない人には自分の事は知らせない」等の感想がありました。
みなさん、スライドを見ながら、講師の方のお話を真剣に聴かれていました。
具体的な事例を聞き、皆さんも体験された架空請求や
LINEのトラブルなども質問されていました。


▲「ぽけっとピア」より

さらに今年度は「SNS勉強会」以外にも
就労されている精神保健福祉手帳をお持ちの登録者の方と
テーマに沿って意見交換をする機会「ぽけっとピア」を開いています。
年4回の活動で、11月17日に第3回目を実施しています。
登録者の方が今後も長く働いていける様に
活動を通じてお手伝いできたらと思います。

今年も職員、一丸となって頑張りますので、よろしくお願いいたします!(和田)

2019年01月21日

「どんど焼き」をしました。

こんにちは 「よるべ沼代」です。
毎年の行事でありますが
「どんど焼き」を今年も開催いたしました。

 

▲グランドに集い、よるべ会の各事業所の正月お飾りをお焚き上げしました。


 

▲みんなでお団子を焼いて食べました!

2019年01月15日

よるべ会 新年会

平成30年1月12日(土)
今年も二宮町のラディアンホールで新年会が行われました。
よるべ会の全事業所の利用者さん、保護者の方々、職員が集い
長寿のお祝い、成年のお祝い、年男・年女、職員永年勤続の顕彰を行い
マジックショーなどを楽しみました。

ご来訪、ご参列、そしてご協力をいただいた皆様、どうもありがとうございました。
本年もどうかよろしくお願いいたします。

▲星野泰啓理事長より年頭のごあいさつ




▲成年のお祝い



▲ご長寿と歳男・年女のお祝い



▲職員永年勤続の表彰



▲職員永年勤続の表彰




▲後半は「マジシャンズ ムツアイ」さんからいらした
TOSHIさん、そして美華さんによるマジックショー。
各事業所の利用者さんも壇上に登って楽しみました。


▲TOSHIさん・美華さんによるイリュージョン・マジック。
利用者さんも職員もみんなびっくりでした。

「マジシャンズ ムツアイ」様のおかげで
誰もが楽しい時間を共にすることができました。
素晴らしい新年会にしていただき
本当にありがとうございました!!!

 

 

2019年01月12日

みなさんからの干支のイラストをご紹介


新年あけましておめでとうございます。
本年はイノシシ年ということで
各事業所利用者のみなさんが
本年の干支にちなんだイラストを描いてくださいましたので
ここにご紹介したいと思います。

 

まずは「よるべ沼代」の利用者さんです。



そして「梅香園」の利用者さん



最後に「わらべの杜」の児童さんより

 



というわけで
みなさま、本年もどうか
よろしくお願いいたします。

2019年01月11日

星野泰啓理事長より (5)

今 この瞬間の 一人ひとりの懸命さを大切にする原点を

 新年のご挨拶にも書かせて頂きましたが、「よるべ会」は今年の秋で三十五歳になります。
 この間を振り返り、一言で言えば「様々な要請にひたすら応え続けて来た時間」と思っています。利用者の変化とその願いに、行政や地域社会の要請に・・・と応え続けているうちに今の姿になってきました。幸いに時流に乗って勢いづいて進んで来た感もあります。勢いづいている時は、怖いもの知らずで、余り近くを見ず、調子に乗って側の人の事も考えず、我がまま勝手に突き進んで来た時もあり、それで思わぬしっぺ返しに出会い、後で取り返しのつかない事に気づかされることがあります。ただ、ひたすらに懺悔するしかありません。

 五年前のこのコーナーに書いたことを思い出します。
 ──若い頃に「人は人との関係の中で存在が生まれる」と教えられた・・・良き存在は、良き生き方の中で生まれ、良き関係が大切になる。良き関係づくりは私自身の弱さ、欲、業とからみ合い難しい。逃げてばかりいる自身に気づくことが常である・・・人を受け止める、関わり合う、良き関係づくりを続ける、それは本当に難しいことだけど少しずつでも続けていくためにその心を持ち続けたいと念ずる──。
 今一度、読み直して考えてみました。勢いづいて調子に乗っていた頃と少し違ってきた自身に少し気づき始めていることを感ずると共に、あらためて今、これまでのその時々に側にいてくださった方々の想いを掘り返しながら今日を、そして明日につないでいくことを大切にしていきたいと切に願っています。

 これも教えられたことですが、マザーテレサは「愛というものは一人と一人の間にだけ働くのです」と言い、そして「大海も一滴のしずくの集まりです」と伝えています。
 今この瞬間の一人ひとりの懸命さを大切にする原点を、もう一度しっかり刻み直していこうと思い改め始めるところです。

社会福祉法人よるべ会 理事長
星野泰啓

※よるべ会広報誌「かわらばん」平成31年新春号に掲載の「ふわふわ」より転載

2019年01月10日

新しい年を迎えてのご挨拶

 

 新しい年、平成最後の三十一年、そして新元号の始まりの年を皆様と共に迎えられますことを心より感謝申し上げます。
 また旧年中に皆様から頂きました温かいご理解とたくさんのご支援に心より感謝いたします。

 今年「よるべ会」は三十五歳を迎えますが、私は“これからの「よるべ会」”にしっかりつなぐことが最大のテーマと考えています。利用者の皆様を初め、ご家族、職員、そして地域社会の皆様に安心して、より一層の強いご支援を頂ける体制づくりを心して歩む所存です。
 又、一年、どうぞよろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人よるべ会 理事長 星野泰啓

2019年01月01日
» 続きを読む