よるべ会のブログです

就職支援セミナーで講師を・・・(よるべ沼代)

 

 


こんにちは よるべ沼代です。

9月19日(木)
(福)神奈川県社会福祉協議会 かながわ福祉人材センター様による
「福祉のしごと」地域出張相談会が小田原で開催されました。

当日は「よるべ沼代」も会場にブースを構え
求職者との面談や相談を行いました。

また「就職支援セミナー」(障害分野)では
我らが職員、Nさんが講師として登壇し
福祉という仕事、魅力、やりがいなどについてお話いたしました。

おそらく、また来年度も同様の相談会やセミナーが行われると思いますので
その際は、ぜひ「よるべ会」(よるべ沼代)のブースに
足をお運びいただければと思います。
どうかみなさまよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

2018年09月19日

秋の旅行へ(梅香園)

 

 

こんにちは 梅香園です。

9月7日金曜日、皆さんがずっと楽しみにされていた秋の旅行にでかけました。
今年は山梨方面への日帰り旅行で、リニア見学センター、フルーツパーク富士屋ホテルでの昼食、
そして信玄餅で有名な桔梗屋さん、フジッコワイナリーの2か所の工場見学と盛りだくさんの行程でした。

 

 

園を出発する時は小雨模様でちょっと心配でしたが、その後は大きくお天気が崩れることもなく、
走行試験中の実際のリニアモーターカーを見てそのスピードには驚くばかりでした。

 

 

高台にあるお昼をいただいたホテルでは快晴となり、全体写真もこちらで撮りました。
食事もおいしく、食後は皆さん、見渡す限りに広がる甲府盆地の景色も楽しまれていました。

 


桔梗屋さんでは信玄餅を手作業で包んでいるところなどを見学し、最後のワイナリーでは
ワインの試飲もありました(ワインの飲めない方にはフルーツゼリーの試食も用意されていました)。


あっという間の1日でしたが、また園での作業を頑張って、
来年もみんなで一緒に楽しい旅行が出来たらいいな、と思います。(越後)

2018年09月13日

星野泰啓理事長より (4)

山下さん、「よるべ会」での三十三年間、本当に有難うございました

「よるべ会」の今年度スタートで、何より大きな変化は、「梅香園」施設長を十五年間(「よるべ会」では三十三年間)勤められた山下良男さんが退職されたことです。

山下さんと私とは県下S施設で出会って四十五年程ですが、私より一足早くS施設を退職され、暫く後「障害のある人達の仕事場にもしたい」とシルク印刷工場を立ち上げ、実現に向かって懸命に努力されていました。三十六年程前、「よるべ会」の設立を目指し、私もS施設を退職し、準備の間の無職の私は時々、山下さんの工場に立ち寄り、計画を話しながら「なんとか山下さんの力を借りたい」とお願いし続け、それが叶って「沼代園」(現「よるべ沼代」)の開設から利用者の仕事づくりに大きな役割を担って下さいました。

「施設の中に本物の仕事を!!」とシルク印刷、木工等、それまで山下さんが培ってこられた力を発揮され、実績が重なり、二宮町一号線沿いに「SP企画」と名付けて独立工場を開設、正に施設を出て地域の中での活動が生まれました。利用者の方、二名は入所施設からグループホーム(当時は県生活ホーム)の生活に移られ、社員となり、四~五人が施設から通勤する。当時としては画期的なことで、多くの人に注目され、見学者が絶えない時が続きました。その「SP企画」はその後、開設した通所施設「コスタ・二宮」の分場として法人で設置し移転となりました。更に数年後、小田原市から市立・市営「梅香園」の民間委託の方向が示され、プロポーザルにより当法人が担うことが決まり、山下さんが施設長に選任され、その後の十五年間、利用者・ご家族・地域へのつながりがどんどん進み、役割を遺憾なく発揮され、続けられたことは皆さん周知のとおりです。そこに込められた山下さんの想いは、間違いなく現場職員全員に浸透した姿となっています。

山下さん、「よるべ会」での三十三年間、本当に有難うございました。四月からは、毎週水曜日午後、ボランティアで音楽教室の指導に通っていただいています。その日を待ち望んで「山下さん来る?」と利用者の皆さんは朝からワクワクしています。
重ねがさねの感謝を込めて!

 

※よるべ会広報誌「かわらばん」平成30年夏号に掲載の「ふわふわ」より転載。

2018年09月03日

納涼祭と残暑お見舞いなど(梅香園)

 

こんにちは 梅香園です。
今年の夏は本当に暑かったですね。9月に入ってからもまだまだ暑いようです。
ただいま梅香園の玄関には利用者さんがパソコンで描いてくれた「残暑お見舞い」のポスターが飾られています。
本当はもうとってしまう時期ですが今年の暑さにもう少し貼っておこうかと思うところです。

 

 

すこしさかのぼって、8月4日、
同じ場所に飾られた利用者さんの作品は納涼祭のポスターです。


 

この日はミニ納涼祭が行われました。
本当なら7月末に行うはずだった納涼祭。
今年は悪天候の予報で泣く泣くその日は中止となってしまいましたが、
皆さんせっかく盆踊りの練習を重ねてきましたので
土曜日の日中、園庭ではなく食堂で保護者の方も交えてのミニ納涼祭として行いました。

                                                            

 

梅香園の納涼祭には毎年たくさんの地域の方々や
ボランティアさんたちも参加していただきとても賑やかです。
よるべ会になってから雨のための園内開催はありましたが
今回のような当日の中止は初めての事でした。
本当に残念でしたが来年はぜひまた皆さんで楽しめる事を願っています。(越後)

 

2018年09月03日

グループホーム世話人さんを募集しています


ポラリスホーム(神奈川県小田原市沼代および大井町周辺のグループホーム)では
世話人さん(非常勤パート)を募集しています。
どうぞお気軽にメールフォームからご応募、またはご質問などをお送りください。

また非常勤職員(パート)の処遇につきましては
「採用情報」内の「9-③」に記載がありますので、どうかごらんください。

 

以下は、よるべ会 地域生活支援課からの募集要項です。

2018年08月24日

口腔体操を実施しています。(よるべ沼代)



こんにちは「よるべ沼代」遊心班です。

ご高齢の利用者様が多い遊心班では、
2017年の12月から平日の昼食前に口腔体操を実施しています。
初めはあまり口が動かない方、小さい声で参加されている方などが目立ちましたが、
今では口をしっかり動かして参加して下さる方が多くなりました。
特に歌いながらの口腔体操では手拍子をしながら参加される方や、指揮をする方、
歌が終わると拍手をする方がいるなど楽しまれている様子が伺えます。

今後も利用者様の機能面にあった内容を実施し、
皆様の健康維持に繋げることが出来ればと思います。(小室)

2018年08月24日

Tシャツをつくりました。(グループホーム)



グループホームの利用者さんが、独特なセンスの持ち主で、
以前からスケッチブックに面白い絵をたくさん描いていました。
そこで「絵葉書」に描くことを勧めたところ、
すでに50枚ほど書き上げていますが、1枚として同じ絵はありません!
とても素敵な絵なのでTシャツにしてみました。
とても気に入っています。
どこか発表の場があればいいなと思っています。
これに触発されたのか、他の利用者さんもパソコンでイラストを作成中なので、
イラストブームが来るといいですね。(小島)

 

 

2018年08月15日

「よるべ夏祭り」へのご協力ありがとうございました。

8月4日(土) よるべ夏祭りが無事行なわれました。

暑い中
ご来訪頂きました皆様
ご協力をいただきました皆様
ほんとうにありがとうございました。

また
橘北ボランティアクラブ様
ボランティアでいらした学生の皆様
寿会の皆様
橘商工会の皆様
社福)寿徳会松下園様
よるべ会保護者会の皆様

そして
旭丘高等学校 吹奏楽部の皆様
バルーンアートベンジャミン香川様には、あらためての御礼を申し上げます。

さらにお忙しいところ、足をお運びいただいた
小田原市議会議員 加藤仁司様には心より御礼を申し上げます。

 

旭丘高等学校 吹奏楽部の皆様 素晴らしい演奏をありがとうございました。

 

 

橘商工会の皆様、毎年毎年、ありがとうございます。

 

 

橘北ボランティアクラブの皆様、毎年のご支援、ありがとうございます。

 

 

バルーンアート ベンジャミン香川様 炎天下での長時間のパフォーマンス、ありがとうございました。

 

 

寿会の皆様、踊りのご指導、毎年 ありがとうございます。

 

2018年08月04日
» 続きを読む